スケーリングビットコインワークショップ

スケーリングビットコイン2017「スケーリング・ジ・エッジ」•11月4日~5日米国、スタンフォード
エンジニアリングコミュニティ / 学術界向け•展示ブースなし• 技術的議論にフォーカス

Scaling the Edge

‘Scaling the Edge’ focuses on scaling the rate of Bitcoin technology research, innovation and adoption:
  • RESEARCH: establishing and understanding the leading-edge of cryptography for cryptocurrencies
  • INNOVATION: identifying and evolving protocol characteristics that foster open innovation by industry
  • ADOPTION: driving bitcoin technology development capacity and end-user adoption

スポンサー

ゴールド

シルバー

ブロンズ

アカデミア

ローカルサポート組織

ワークショップスポンサーシップ

スケーリングビットコイン・ワークショップのスポンサーにご興味がある場合、contact@scalingbitcoin.orgまでご連絡ください。

重要な日付:

  • 2018年10月1日(UTC 23:59)- 印刷用ロゴの提出(AIまたはSVGベクター・ファイル・フォーマットでの提出が必要です)。

旅費の援助

このワークショップでの発表や議論に貢献可能な独立の研究者または学術研究者の中には、旅費の面で参加が難しい人が多く存在します。そのため、このワークショップのスポンサーは、旅費の補助申請のレビューをした上でおよそ15人に対しワークショップ参加のための航空運賃と宿泊代として1人当たり1,500USドルまで共同で負担することに合意しています。その趣旨は、このワークショップにおいて、独立した多様な見解が専門的な方法で表現されることを求めているからであり、一部がスポンサーの意見と一致していなくてもかまいません。ビットコインやブロックチェーンの関連ビジネスに従事する企業で働いている参加者の旅費は補助の対象とはなりません。例外の対応についてはスポンサーによりケースバイケースで判断されます。

重要な日付:

  • 2018年8月15日(23:59 UTC)ー 旅費補助申し込み最終日
  • 2018年9月1日(23:59 UTC)- 申請許可の通知期限
  • 2018年11月1日(23:59 UTC)- 旅費領収書の提出期限

Travel Subsidy Application Questions

If you are interested in applying for travel subsidy, please fill out the following form: https://goo.gl/forms/XUudGo7ApJqqbvMf1

技術提案の募集

The current Scaling Bitcoin Workshop will take place 11月 4日-5日 at the Frances C. Arrillaga Alumni Center 326 Galvez Street Stanford, CA 94305-6105, USA. We are accepting technical proposals for improving Bitcoin performance including designs, experimental results, and comparisons against other proposals. The goals are twofold: 1) to present potential solutions to scalability challenges while identifying key areas for further research and 2) to provide a venue where researchers, developers, and miners can communicate about Bitcoin development.

We are accepting two types of proposals: one in which accepted authors will have an opportunity to give a 20-30 minute presentation at the workshop, and another where accepted authors can run an hour-long interactive workshop.

今年は下記のトピックに特に重点を置きたいと思います。

  • Simulation, modeling and testing
    (methods and tools for simulation and testing of blockchain behavior)
  • ゲーム理論およびメカニズムの設計
  • 代替可能性(Fungibility)
前回のスケーリングビットコインの後に一般に公開された上記トピックに関する資料を取りまとめたものや、レビューをした結果も歓迎します。

その他の対象となるトピックは以下の通りです:

  • ビットコインのスループットの改善
  • レイヤー2のアイデア(ペイメントチャネルなど)
  • セキュリティとプライバシー
  • インセンティブと手数料の体系
  • ネットワーク障害への対応
  • スパム対策
  • ブロックサイズの提案
  • Mining concerns

これらは、すべてビットコインのスケーラビリティに関連しています。

重要な日付:

  • 2018年6月30日(UTC 23:59)- 技術提案の締め切り日
  • 2018年8月15日(UTC 23:59)- 査読結果およびフィードバック通知の最終日

フォーマッティング

We are doing rolling acceptance, so submit your proposal as soon as you can. Proposals may be submitted as a BIP or as a 1-2 page extended abstract describing ideas, designs, and expected experimental results. Indicate in the proposal whether you are interested in speaking, running an interactive workshop, or both. If you are interested in running an interactive workshop, please include an agenda.

Proposals should be submitted to proposals@scalingbitcoin.org by 2017-09-25 23:59 UTC.

All talks will be livestreamed and published online, including slide decks.

ワークショップの概要

ワークショップはどのように運営されますか?

  • イベントはライブ配信され、同時進行のオンライン・ディスカッションと質問に対応するIRCによる遠隔参加が可能です。
  • これらのワークショップは、既存のビットコイン改善提案(BIP)プロセスを円滑にすることを目的としています。多くの作業は、その後にワークショップの外で行われます。このワークショップは、様々な視点、研究、シミュレーション、提案に対する意識を高めることで、ビットコインの技術とソフトウエアの設計とレビュープロセスに対する付加要素として機能します。
  • 行程、会場の詳細、宿泊のお勧めは以下の通りです。
  • 下記のよくある質問のセクションをご覧ください。このセクションでは他にも多くの質問に回答しています。

日程

注意事項:
印刷

November 3rd
18:30
オープニングパーティー

11月4日
08:30
(30 min )
登録

イントロダクション

09:00
(5 min )
イベントの紹介

プライバシーおよび代替可能性

09:05
(25 min )
ペイメントチャネル・ネットワークの同時平行性とプライバシー
プレゼンター:
Pedro Moreno-Sanchez (Purdue University)
09:30
(25 min )
分散型通貨のBOLT匿名ペイメントチャネル
プレゼンター:
Ian Miers (Johns Hopkins University)
09:55
(25 min )
ValueShuffle:混合秘匿トランザクション
プレゼンター:
Tim Ruffing (Saarland University)
10:20
(20 min )
休憩

スケーラビリティ

10:40
(25 min )
FlyClient:暗号通貨のスーパー・ライト・クライアント
プレゼンター:
Benedikt Bünz (Stanford University)
11:05
(25 min )
BlockSci: ビットコイン・サイエンスと検査のプラットフォーム
プレゼンター:
Harry Kalodner (Princeton University)
11:30
(25 min )
Graphene:セット・レコンシリエイションを用いたブロック伝搬の新しいプロトコル
プレゼンター:
Brian N. Levine (College of Information and Computer Sciences, UMass Amherst)
11:55
(25 min )
ビットコイン・ノードのグローバル・ネットワーク上での最大持続トランザクション・スループットの測定
プレゼンター:
Peter Rizun, Andrea Suisani, Andrew Stone (Bitcoin Unlimited)
12:20
(90 min )
昼食

スマートコントラクト

13:50
(25 min )
Rogerとの自動取引:ハードフォーク成功への賭け
プレゼンター:
Patrick McCorry (University College London)
14:15
(25 min )
ディスクリート・ログ・コントラクト
プレゼンター:
Thaddeus Dryja (MIT Digital Currency Initiative)
14:40
(25 min )
ビットコイン・スクリプト2.0および強化されたペイメントチャネル
プレゼンター:
Johnson Lau, Olaoluwa Osuntokun
15:05
(40 min )
招待講演:暗号技術の状況
プレゼンター:
Benedikt Bünz (Stanford University)
15:45
(20 min )
休憩

プルーフ・オブ・ワーク

16:05
(25 min )
プルーフ・オブ・ワークの今後
プレゼンター:
Min Chen, (Avalon)
16:30
(25 min )
短縮:ブロックチェーンのマイニング分散を減らすプルーフ・オブ・ワーク目標
プレゼンター:
Brian N. Levine (College of Information and Computer Sciences University of Massachusetts Amherst)
16:55
(40 min )
招待講演:中国におけるビットコインの過去、現在および未来
プレゼンター:
Bobby Lee (BTCC)
17:35
(20 min )
休憩
18:30
中央受付

11月5日

オープン

09:00
(5 min )
開会

レイヤー2

09:05
(30 min )
要旨
プレゼンター:
Joi Ito (Director of MIT Digital Media Lab)
09:35
(25 min )
ライトニングのチャージ方法
プレゼンター:
Aviv Zohar (The Hebrew University)
10:00
(25 min )
チェーンが有用なものに対してチェーンを利用する
プレゼンター:
Andrew Poelstra (Blockstream)
10:25
(20 min )
休憩

合意

10:45
(25 min )
マイクロチェーン
プレゼンター:
David Vorick (Nebulous Inc.)
11:10
(25 min )
DAGベース・プロトコルにおけるトランザクション選択のインセンティブとトレードオフ
プレゼンター:
Yonatan Sompolinsky (The Hebrew University)
11:35
(25 min )
全員一致の合意のない交換
プレゼンター:
Anthony Towns
12:00
(90 min )
昼食

手数料およびラジオ

13:30
(25 min )
mempool stateを利用した手数料評価最適化
プレゼンター:
Karl-Johan Alm (DG Lab)
13:55
(25 min )
ビットコイン手数料市場の再設計
プレゼンター:
Or Sattath (The Hebrew University)
14:20
(25 min )
ビットコインネットワーク復元力の弱信号ラジオ・コミュニケーション
プレゼンター:
Nick Szabo, Elaine Ou (Global Financial Access)
14:45
(20 min )
休憩
15:05
(40 min )
招待講演:ビットコインのプラズマ
プレゼンター:
Joseph Poon

ディスカッショングループ

15:45
(120 min )
ディスカッショングループ
17:45
(60 min )
ディスカッショングループを終え、次のステップに進み、終了する

遠隔参加

ライブ放送は11月4日土曜日に始まります。場所:
12:00 EST / 16:00 UTC / 1:00 JST / 09:00 PST
公式ライブ配信はYouTubeでご覧になれます:
  • 12:00 東部標準時間/ 16:00 協定世界時間 / 1:00 日本標準時間 / 09:00 太平洋標準時間 :
  • 16:50 東部標準時間 / 20:50 協定世界時間 / 5:50 日本標準時間 / 13:50 太平洋標準時間 :
  • 12:00 東部標準時間/ 16:00 協定世界時間 / 1:00 日本標準時間 / 09:00 太平洋標準時間 :
  • 16:30 東部標準時間 / 20:30 協定世界時間/ 5:30 日本標準時間 / 13:30 太平洋標準時間 :

ロケーション

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

スタンフォード大学

アリラガ・アラムナイ・センター

アリラガ・アラムナイ・センター

アリラガ・アラムナイ・センター

アリラガ・アラムナイ・センター

アリラガ・アラムナイ・センター

アリラガ・アラムナイ・センター

スタンフォード大学

Frances C. Arrillaga Alumni Center
326 Galvez Street
Stanford, CA 94305-6105, USA
local_hotel
ホテル
• Stanford Lodging Guide
スタンフォード宿泊ガイドのホテルと料金のリストをご覧下さい。
directions
行き方
  • ハイウエイ101ノース&サウスから

    エンバカデロ・ロード西口からスタンフォード方面へ進んで下さい。エル・カミーノ・レアルでスタンフォードのキャンパスに入るため、エンバカデロはガルベズ・ストリートに合流します。左側レーンをキャンパスの中央へ進んで下さい。アラムナイ・センターはキャンパス・ドライブを過ぎてすぐ後、ガルベズ・ストリートの右側にあります。
  • ハイウエイ280ノース&サウスから

    サンド・ヒル・ロードを東へ降りてスタンフォード方面へ進んで下さい。そのまま東方面へ進み、信号で右に曲がりサンタクルーズ通りに入ります。すぐに左に曲がりフニペロ・セラ大通りに入ります。二つ目の信号で左に曲がり、キャンパス・ドライブ東に入ります。そのままキャンパス・ドライブ東を進み、ガソリンスタンドのところで左に曲がりセラ・ストリートに入ります。ガルベズ・ストリートにぶつかるまでセラ・ストリートを進みます。
  • エル・カミーノ・レアルから

    エル・カミーノ・レアルからユニバーシティ・アベニューへ入ります。丘陵方面(パロ・アルトの中心から反対方向)へ曲がって下さい。スタンフォードに入ると、ユニバーシティ・アベニューはパーム・ドライブに入ります。信号を1つ越えて、最初の一時停止の標識のところで左に曲がりキャンパス・ドライブに入ります。

会議への参加登録

We are sorry, but the event has been sold out.
 
You will still be able to participate via the live stream, IRC, and Twitter.
Due to space limitations, we will not be able to admit anyone at the door.

Please add your name to the following waiting list to secure any tickets that may become available.
 
あなたがスタンフォード大学またはMITのフルタイム・スチューデントの場合には、学生参加チケットが利用可能かどうか確認のためAllison Berke(スタンフォード)または Neha Narula (MIT)までご連絡下さい。学術支援団体がフルタイム・スチューデント用の参加チケットをたくさん用意しております。

よくある質問

  • 渡航ビザのための書類が必要です

    (Info: https://travel.state.gov/content/visas/en/visit/visitor.html)米国入国に必要なビザの必要条件についてはご自身の責任で確認して下さい。招待状が必要な場合は、stanford.eduのaberke に連絡して下さい(パスポートと同じ表記の氏名、役職および連絡先を記入して下さい)。

    重要:渡航の8週間前にビザ申請を行う必要があります。米国入国にビザが必要な場合には、2017年09月1日より前に申請を行う必要があります

  • 行くことができないが、参加したい!

    イベントはライブ配信されるので、IRCを介して参加することができます。簡単に直接参加できますが、イベントの参加者全員が自分の前に机を用意し、ライブ配信を視聴している世界中の参加者とのオンラインディスカッションに参加することが奨励されます。何らかの決定を下すことを目的としたワークショップではないことを理解することも重要です。 (以下参照)

  • プレゼンテーションはどのように行われますか?

    提案はproposals@scalingbitcoin.org(上記の"技術提案の募集"の項を参照を参照)に提出することができます。研究に取り組んでいる方は、論文、シミュレーション結果、ソースコードなどの研究結果をbitcoin-devディスカッションリストに投稿することをお勧めします。受理されたプレゼンテーションの量に応じて、ワークショップは発表者ごとに必要な時間を割り当てます。複数の人で実質的に案が重複する場合には、まとめることを提案することがあります。優れたプレゼンテーションプランをお持ちで、提案文書の中で詳細な概要を提供できる場合には、論文形式の文書を提出する必要はありません。

  • なぜスタンフォードか。

    今年は世界中から予想以上にたくさんの会議開催のホストの申し出を受けました。スタンフォードはビットコインの啓蒙、研究および開発活動に最も活発な教育機関の1つです。2017年1月にスタンフォードはブロックチェーンのプロトコル分析およびセキュリティ技術会議を開催しました。スタンフォードはまたビットコイン、暗号通貨および暗号技術に関する講義を開いている数少ない教育機関の1つです。さらにスタンフォードは多くのビットコイン開発者が拠点としているサンフランシスコに地理的に近い場所にあります。

  • ワークショップで何か決定されますか?

    ワークショップでは決して何かが決定されることはありません。これは、性急に進めることで直接出席することができない世界中のコミュニティに不公平になる危険性があるためです。このワークショップは、問題と提案の認識を高め、共通の根拠を見つけ、ビットコイン改善提案プロセスを通じて既存の技術進歩の仕組みの中で公開討議を促進することが目的です。

  • ディベートが交わされることがありますか?

    おそらくディベートはなく、ワークショップの主催者および参加者は、ストレスが少なく対立的にならないようにイベントを進めます。ワークショップの目的は、ビットコインのスケーラビリティを改善させる方法について全体的な理解を向上させるために、さまざまな視点を紹介し、柔軟性を促進することです。直接のディベートは、せっかくシンプルな立場を固めつつあるビットコインの未来を、政治的立場を得るという意図のもと、あまりにも簡単に傷つける可能性があります。グローバルコミュニティが介入する時間をとって技術研究を慎重に検討するのではなく、一回のイベントでのスムーズな会話にビットコインの将来の安全とセキュリティを委ねるのは理不尽です。

  • このワークショップでビットコインプロジェクトのガバナンスについて話し合うことはできますか?

    スケーリングビットコイン・ワークショップはスケーラビリティ問題、シミュレーションおよびスケーラビリティ改善のための提案に関する技術的意識啓発に重点を置いています。会議参加者はこのイベントが、そのサイエンスと技術に全面的に特化することを望んでいます。それによりオープン・ソース・ソフトウエア開発がその卓越性を提供することになるからです。

  • 今後のワークショップの予定は? BIPについては?

    私達は1年に1回スケーリングビットコイン・ワークショップを開催することを目標としています。来年のイベントのホストを希望する場合は、contact@scalingbitcoin.org までEメールでご連絡下さい。

  • 食事にはベジタリアンやグルテンフリーのオプションがありますか?

    はい。 何か支援が必要な場合は、contact@scalingbitcoin.orgまでご連絡下さい。

  • これらのソーシャルイベントでは車椅子の利用が可能ですか?

    はい、すべての会場で車椅子をお使いいただけることを確認済みです。 何か支援が必要な場合は、contact@scalingbitcoin.orgまでご連絡下さい。

オンラインリソース

このサイトについて

スケーリングビットコインプランニング委員会

  • Anton Yemelyanov, Base58 Association NPO. (Planning Committee Chair)
  • Nelly Milanova, Base58 Association NPO.
  • Jeremy Rubin, Bitcoin Core Contributor
  • Neha Narula, MIT DCI
  • Ferdinando M. Ametrano, Bitcoin and Blockchain Technology professor at Politecnico di Milano

ワークショップ運営委員会

  • Allison Berke, Executive Director at the Stanford Cyber Initiative (Host Committee Chair)
  • Byron Gibson, Engineering Consultant and Startup Advisor
  • Alexy Khrabov, By The Bay

ダイバーシティ&インクルージョン委員会

  • Steven McKie, purse.io / bcoin.io
  • Ari Nazir, Neural Capital
  • Nelly Milanova, Base58 Association NPO.
  • Boyma Fahnbulleh, Chain

スケーリングビットコイン諮問委員会

  • Leonhard Weese, Bitcoin Association of Hong Kong
  • Larry Salibra, Bitcoin Association of Hong Kong
  • Bryan Bishop, LedgerX, Bitcoin Core contributor
  • Dan Elitzer
  • Luke Dashjr, Bitcoin Core contributor
  • Shawn O'Connor
  • Victoria Van Eyk
  • Eric Martindale
  • Meltem Demirors, Director of Development, Digital Currency Group
  • Kang Xie, Volunteer
  • Shin'ichiro Matsuo, Georgetown University, BSafe Network
  • Ittay Eyal, Technion Israel Institute of Technology
  • Matthew Roszak, Bloq

プログラム委員会

  • Ethan Heilman, Boston University (Program Chair)
  • Dan Boneh, Stanford
  • Benedikt Bunz, Stanford
  • Jameson Lopp, BitGo
  • Johnson Lau, Bitcoin Core Contributor
  • Paul Sztorc, Bloq / Drivechain
  • Michael Youssefmir, Google
  • Yonatan Sompolinsky, Hebrew University of Jerusalem
  • Foteini Baldimtsi, George Mason University
  • Bryan Bishop
  • Pieter Wuille, Blockstream / Bitcoin Core Contributor
  • Tadge Dryja, MIT DCI / Lightning Network Contributor
  • Ittay Eyal, Technion Israel Institute of Technology